太田新田歯科医師会について

太田新田歯科医師会

えん歯科クリニック

院 長 丸山 亮

太田新田歯科医師会について

 

今回のテーマは、我々太田新田歯科医師会の取り組みについて、ご紹介させていただきたいと思います。

FM TAROさんで約10年、毎月第3火曜のこの時間に、様々な歯の問題や治療について、レントゲンや口腔ケア用品についての説明と紹介、時には口腔と全身疾患との関連について紹介してきましたが、そもそも我々、太田新田歯科医師会についてご紹介させていただいたことがございませんでした。

太田新田歯科医師会では、リスナーさんをはじめ、市民の皆様のために様々な取り組みがございます。先日、学習文化センターで行われた市民公開座の話を中心に歯科医師会の取り組みついて、説明させていただきたいと思います。

 

本会は太田市およびみどり市笠懸地区にある歯科医院、119件124名の会員で活動しております。

地域の皆様の健康のため、学校巡回活動、1歳6ヶ月児健診、2歳児健診、3歳児健診、歯周疾患検診をはじめ、数々の事業を行っております。

皆様のために身近に役立つことができる事業として、

本会では例年、「6月4日のむし歯予防デー」にちなみ6月第一日曜日にイオンモール太田2Fイオンホールにて、「歯と口の健康フェア」を、開催しています。市民の方々への歯科情報の提供、口腔ケアに対する意識の向上をして頂くことを目指したイベントです。(今年は1500名の来場)

また、「11月8日のいい歯の日」にちなみ  11月第二土曜には学習文化センターにて、市民公開講座を開催しています。

 

先日の市民公開講座には、約200名が来場いただきました。今年のテーマは太田市の歯科訪問診療-歯科医がおうちにやってくると題して、新井町の田中歯科医院、田中靖人先生と浜町のあおい歯科・武正道代先生、お二人の先生が市内の訪問診療の現状と実際について講演させていただきました。

テーマがなかなか耳慣れないもので、往診のことでしょと思う方もいるかもしれませんので、簡単にご説明させていただきます。

往診も訪問診療も在宅医療の一つです(診療する場所の違いで、外来・入院・在宅)。医師が、診療上必要があると判断したとき、予定外に患者さんの自宅などに赴いて行なう診療が「往診」です。

これに対して、在宅医療を行なう患者さんで、疾病や傷病のため通院が困難な方に対し、医師が、あらかじめ診療の計画を立て、患者さんの同意を得て定期的に(たとえば1週間に1回あるいは2週間に1回など)患者さんの自宅などに赴いて行なう診療が「訪問診療」です。

看護師が訪問してケアを行う訪問看護、理学療法士や作業療法士が行う訪問リハビリテーションのほうが、もしかしたら身近かもしれませんが、我々歯科医師が訪問して治療するのが歯科訪問診療になるわけです。

この度、太田新田歯科医師会では、在宅歯科医療連携室を立ち上げました。このラジオをお聞きになって、ご家族・お知り合いの方で歯科通院にお困りの方がいらっしゃいましたら、歯科訪問診療について、ご依頼・ご相談をご検討ください。

0276-45-7320番もしくは太田新田歯科医師会のホームページをご参照ください。

 

この二つのイベントに加えまして、当会で力を注いでいる事業に休日診療がございます。

当会の会員が当番制で担当し、日曜祝日、お盆(8/13~16)、年末年始(12/29~1/3)に、午前10時~午後1時まで、応急処置が主体ですが、歯科医師会館内で診療を行っております。

近年日曜祝日も診療している医院もございますが、かかりつけ歯科医院がある中で、別な医院にかかるのは後ろめたかったり、拒んでしまったりするのは当然と思います。しかし症状が我慢できない、不安が強いなど緊急対応が必要かもしれない場合の受診には、当会の休日当番をぜひご利用ください。

詳細については、ホームページ、市広報に記載がありますので、そちらを参考になさってください。

 

他にも当会では、口元から全身の健康を創造する活動をたくさん行っております。

ご興味を持っていただけた方がいらっしゃいましたら、ぜひ来年の歯の健康フェア、市民公開講座へ足を運んでいただけると、我々の原動力にもなりますので、よろしくお願いいたします。

このページの先頭へ