歯磨き粉は何がいいですか?

太田新田歯科医師会
いいだ歯科医院
院 長 飯田浩志

「歯磨き粉は何がいいですか?」

 

患者さんから、「歯磨き粉はなにがいいですか?」と聞かれることがあります。

薬局やスーパーなどでは、たくさん種類の歯磨き粉が並んでいて、どれを選ぶか迷ってしまいます。

そもそも歯磨きをするとき歯磨き粉を使う理由はなんなのでしょうか?

歯磨きの目的は「むし歯の予防」、「歯周病の予防および改善」、「歯をきれいにする」

「口臭の予防」、「口の中をスッキリさせる」などが挙げられます。

むし歯、歯周病の原因は、歯に付着したプラーク(細菌)です。それを除去することが歯磨きの一番の目的と考えられます。

残念ながら、歯磨き粉でプラークが落ちるわけではありません。歯ブラシや歯間ブラシ、フロスなどで機械的に除去してあげなければなりません。

歯医者さんによっては、「歯磨き粉を使わずに歯磨きをしてください。」と言う先生もいます。

歯磨き粉を使わなくてもプラークの除去はできるからです。かえってお口の中が泡だらけになってしっかり時間をかけて磨けなかったり、すっきりするため、きれいに磨けていると勘違いしてしまう方も多いのではないでしょうか。

私の考える歯磨き粉を使う一番のメリットは、磨き粉の中に含まれているフッ素の効果です。

フッ素は、歯を丈夫にし再石灰化の手助けをしてくれます。

ですからフッ素配合の歯磨き粉をお使いになるのが良いと思います。

歯磨きの仕方としては、「まず磨き粉をつけないでしっかりプラークを落とし、そのあとでフッ素配合の歯磨き粉で仕上げをする。」というのがお勧めです。

このページの先頭へ