歯周病と全身のかかわり、予防歯科の重要性について

太田新田歯科医師会

おおたモール歯科
院長 八木 大輔

歯周病と全身のかかわり、予防歯科の重要性につい

口の中の健康は、生活をするうえでとても大切な要素です。しかし、日本人は先進国の中でも残存歯数という、歯が残っている本数がとても少ないのが現状です。 80歳で比べたときは、欧米に比べて半分以下しか歯が残っていないというデータもあります。

その理由は、歯科医院に対する意識の違いにあります。

歯科疾患は慢性疾患といって、悪くならないと症状が出ない場合がほとんどです。

逆に言えば、症状が出てからだと、病気がかなり進行している場合がほとんどです。なので、痛くなるまえに定期的に歯科医院に通うことが重要です。歯科医院に定期的に通い、早期発見早期治療をすることで、80歳で、歯を3倍程度残せることが分かっています。

また、歯周病は、心筋梗塞や糖尿病、肺炎などとの因果関係も報告されており、全身にも大きく影響しています。 高血圧や糖尿病の発見のために、血圧測定や採決をするのと同様に、歯医者さんから遠ざかっている人、最近少し違和感がある人など、歯科疾患の早期発見のために、お近くの歯科医院にぜひ足を運んでください。

 

このページの先頭へ