キシリトールでムシ歯予防

どなたでもキシリトールという言葉を一度は見たり、聞いたりしたことがあると思います。ですが、キシリトールが何であるのか?また、どのような効果があるのか?それを分かっている人は少ないのではないでしょうか。そこで、今回はキシリトールについてお話しさせていただきたいと思います。

キシリトールとは多くの果実(プラム、イチゴ、ラズベリーなど)や野菜(カリフラワー、ナス、レタス、ホウレン草など)の中に天然で含まれる自然の甘味料です。食品添加物として使用される前は輸液(点滴剤)として直接、体内に入れていました。なので、人体にとって安全な食べ物なのです。

次に、キシリトールの効果ですが、大きく分けて2つあります。1つは「ムシ歯の原因にならない」ということ。ムシ歯の原因である酸をまったく作りません。さらに酸の中和を促進する働きも持っています。もう1つは、「ムシ歯の発生、進行を防ぐ」という効果です。ムシ歯の原因となるプラーク(歯垢)をつきにくくして、歯の再石灰化を促進します。しかしながら、キシリトールだけ摂取していればムシ歯を予防できるわけではありません。歯をムシ歯から守るためには、正しく歯を磨き、フッ素入りの歯磨き粉を使用することが大切です。

最後に、ムシ歯予防に効果的なキシリトールの選び方ですが、現在では色々な製品にキシリトールが含まれていますが、甘味料としてキシリトールが50%以上含まれることが望ましいといわれています。製品としてはガムか錠菓(アメ、タブレット)に限ります。なぜならキシリトールがお口の中で長く留まるものがこれ以外にないからです。それと製品のパッケージや成分表示をよく見て「シュガーレス」表示や糖類0グラムであることを確認してください。

以上のことをふまえて上手にキシリトールを摂取してムシ歯予防に役立てましょう。

このページの先頭へ