親知らずについて

二十歳も過ぎ、ほかの歯に比べて遅れて生えようとしてくる奥歯があります。
人生50年といわれた昔は、親が亡くなってから生えてくる歯であることから、「親知らず歯」と名づけられたようです。
歯科医はこの歯を第三大臼歯と呼んでいますが、知歯とも呼ばれています。
この歯は口の奥のほうに、季節はずれといってよい時期に生えてきて面倒を起こすことが多い歯で、時に患者さん泣かせであり、時に歯科医泣かせの厄介ものである場合が多いのです。

 親知らずは普通、上あご、下あごの左右にそれぞれ1本ずつ、計4本あるのですが、人によってはもともと持っておらず全く生えてこない場合もあり、1~4本生えてくる人もいます。
 一方、顎の骨の内部の隅の方でおかしな形になったり、曲った方向をむいて一生生えてこない場合が多くあります。
また、生えてきても、生える余地が少ないために、歯冠の一部だけが口腔内に頭を出してきたりします。
この部分は歯ブラシなどでの清掃がしにくいてためにむし歯や歯周病になりやすく、また反対側の歯や頬の粘膜にぶつかって痛みや不快感などの症状を起こします。
このように、親知らずの周りには智歯周囲炎といった炎症が起こりやすくなり、とくに下の埋伏智歯は重症の感染症をきたす場合があり、さらに嚢胞という病気の原因になることもあります。

 このように、親知らずはその本来の物を噛むという機能を果たさないことが多いばかりでなく、からだの中の邪魔者となって害になっていることが多く、口腔の健康を維持するためには抜かなければならない場合が多いのです。
 しかしながら、自家歯牙移植という治療法が存在し、親知らずの保存が移植歯・ドナー歯として役に立つ場合もあることも知っておいていただきたいと思います。

最後に、大まかに残しておけるもの、残しておいたほうがよい歯とは
① 上下しっかりと生えていて、よく噛んでいる歯
② そこそこ、しっかりと生えていて清掃状態が良好な歯
残さないほうがよい・抜いたほうがよい歯は
① 大きなむし歯で痛いあるいは痛くなりそうで、治療の難しい歯
② たびたび歯肉が腫れて痛くなる歯
③ まっすぐに生えていないなどで、汚れがたまり隣の歯に悪い影響を及ぼす歯
その他にも、状態によって判断は様々ですので、気になるような親知らずをお持ちでしたら、一度かかりつけか近くの歯科医院で診てもらうことをお勧めします。

このページの先頭へ