歯をぶつけた時どうしますか?

春から秋にかけては、外で遊んだり、スポーツをしたり、活動することが多い時期ですが、それに伴い、怪我をする機会も多くなります。
特に小さいお子さんを持つお母さんは、目を離した隙に、大声で泣く我が子に驚くことがあります。

大人でも、子供でも、前に倒れた時、手がふさがっている状態だと顔をぶつけてしまい、前歯が欠けてしまうこともあります。
ボール、ゴルフクラブ、ラケット、我が子の頭や足など、その他、予想もしない力が顔めがけてぶつかってくることもあります。

傷から出血し、歯が欠けたり、抜けたりして大慌てしますが、そんな時どのようにしてから歯科医院や専門医にかかるのか、少しお話しておきます。

 まず、歯が欠けた時ですが、少し欠けた場合は、歯の中の神経などに直接影響が無ければ、比較的軽症です。
ただし、強くぶつけていると、歯が揺れたりするので受診が必要になります。

次に、大きく欠けた場合ですが、歯の中の神経が欠けたところから淡紅色に見えていることがあります。
後に強い痛みが出たりするので、欠けた部位をあまり汚さず、日数が経過しないうちに受診します。
そして、歯が抜け落ちたり、歯肉にめり込んだりする場合もあります。
めり込んだ歯は、歯科医院で引き出してもらってください。
自分で引っ張って落としてしまったら、治り方に影響するし、骨にヒビが入っていたりすると出血が多くなることもあります。

抜けてしまった場合は、もう一度、元の位置に戻して固定しておく方法(再植術)もあります。
ただし、抜けた歯の根が折れたりせず、清潔であり、受傷してから短時間であるほうが良いとされています。
口の中で抜けたら、そのまま口の中に入れて持っていくと良いですが、もし、落ちてしまったら、清潔な水や生理食塩水に入れて持っていくようにしてください。
学校などで歯が抜けた場合は保健室に歯を入れる保存液が用意されているので、先生に話すと良いでしょう。
くれぐれも、そのままポケットなどに入れて持っていかないようにしてください。
一言で「歯をぶつける」と言っても口の中やその周囲は複雑で、歯を支えている骨にもヒビが入る可能性があります。
また、受傷と同時に唇や舌を傷つけたりすれば、唾液によって大量に出血しているように感じます。
まずは、動揺している心を落ち着かせて、かかりつけの歯科医院などに連絡してください。

受診の際には、いつ、どこで、どのように怪我をしたか、来院までの経過を話す必要があります。
普段から使っている薬があればその薬の資料を持ち、怖がらずに歯科医院を受診してください。

このページの先頭へ