お口の中を見てみよう

口の中は、普段見ているようであまり見ていない方が多いのではないでしょうか?
今日は、お聞きの皆さんに是非ご自分の口の中をよく見ていただきたいと思います。特に最近歯科医院に、行かれてない方は要チェックです。
今、車の運転や手が離せない方は、良く聞いてあとで見てください。
では鏡の前で、まずは舌を出してアッカンベ~をしてみましょう。舌の色はどうですか、薄いピンク色が理想です。小さいザラザラした感じは味ライといって味を感じる所です。もし大きめなデキ物や、ぐちゅぐちゅしているデキ物、変に黒っぽい、真っ赤など、他にも気になる所があれば、歯科で診てもらいましょう。
舌に黄色い物がこびり付いている事があります。舌の苔と書いてゼッタイと言います。ゼッタイは古くなった組織、食べカス、細菌の塊です。口臭の主な原因にもなります。専用のブラシもありますが、良く濡らした歯ブラシで痛くない程度でこすって綺麗にしましょう。
次に歯を合わせてイ~をしてみましょう。歯ぐきを見てみましょう。こちらも薄いピンク色が理想です。赤く腫れていたり、歯ブラシの時に同じ所から出血していたら心配ですね。良い歯ぐきは、良く見るとスティップリングといってミカンの皮のようにツブツブしています。引き締まっているということです。

また口を開けてみましょう、歯の根元の周りに黒い、もしくは軽石のような歯石がある方はもう歯ブラシで落ちませんので歯科でとってもらいましょう。そして穴があいている、あいていなくても最近甘い物、冷たい物に妙にしみる、噛むと痛む場合は、歯の間など見えない所で虫歯の可能性もあります。
入れ歯をしている方で、ご自身の歯がある所で特に金属等のバネがかかる歯は特によく見てみましょう。
今日は、本当に簡単なセルフチェックの仕方をお話しました。今日の話を聞いて該当する方や、これ以外にも、気になった方、心配になった方は早めに歯科医院に行って詳しく診てもらいましょう。
また、大丈夫かなと感じた方も定期検診を受けていきましょう。

このページの先頭へ