フッ素洗口について

今まで色々とむし歯予防の話をしてきました。

様々な方法があったと思いますブラッシング(歯ブラシ・フロス・歯間ブラシ)、

キシリトール、甘味制限、そしてフッ素…
もしも、これをすればむし歯にならないという方法があったとしたら
これほど色々なむし歯予防の手段があるはずがないんです
つまり、どの方法も100%の予防効果はない訳です

今日は、今僕たち歯科医師が取り組み始めている新たなむし歯予防をお話しします
そのために敢えて、そういったむし歯予防方法の盲点から始めたいと思います

1:ブラッシング
健診でご家族の方からの質問で一番多いのが、この歯磨き関連ですね
「うちの子は歯磨きを嫌がってやらせないんです。どうしたらいいのでしょうか?」
確かに昔から、『むし歯にならないように歯を磨きましょう』と言われ続けてます
実際に僕も自分の歯科医院や担当する幼稚園・小学校などでそのように言ってますし
その甲斐あってか、実際に日本人の9割以上の人が歯を磨いてます
では、むし歯はなくなったでしょうか?答えはNOです
どうしてなんでしょうか?
確かに100%歯垢や汚れを取り除く事ができれば、むし歯にはなりません
でもそれは実際のところ無理です
歯の形はデコボコしていて複雑ですし、奥の方なんて見るのだって大変なんですから
それに磨いているのと磨けているのは違いますしね

2:キシリトール…
既に市民権を得ている言葉ですが
人工甘味料。むし歯菌が糖に分解できないので活動できなくなる…これも事実です
実はこれも落とし穴があります
ガムなどのパッケージに「お腹がゆるくなる事があります」という注意書きがあります
ガム一包みくらいだったら、かなり敏感な方でない限り大丈夫なんですが
人が食べる物全てを置き換えたらどうでしょうか?
むし歯にはなりません。でもお腹が…では商品としてまずいすよね
現実問題として、全ての糖を置き換えるのは無理です
それとキシリトールが入っているから、砂糖を摂ってもむし歯にならない…

という訳にはいかない

3:甘味制限…
フワフワ生クリームのショートケーキとかチョコレートとか美味しいですよね
人間って、やっぱり自分を厳しく律するのって難しい
ダイエットと同じなんです
自分一人でコツコツと長期間に渡って節制するのってどうですか?
言うは易く行うは難し…です
でも、今日の本題に通じる所なんですが、
もしも、皆で一緒にやるんだったらどうですか?何となくできそうな気がしませんか

4:…で、最後にフッ素です
これも色々な利用方法があります
親御さんからの質問で2番目に多いのが、「フッ素は塗った方がいいのでしょうか?」
いわゆるフッ素塗布ですね
本当にむし歯予防に効果があるフッ素濃度は1000ppm以上
日本で一般的に販売されている商品は薬事法の関係でそこまではいかない。

はるかに低い濃度です
効果がないとまでは言えませんが、それだけで充分とも言えない微妙さ
歯科医院には医薬品として高濃度のフッ素がありますが
毎日のように通院するわけにもいきませんしね

ちょっと話が前後しますが…
ブラッシングは、その人の手先の器用さ、歯科医院できちんとした指導を受けたかどうか
自己流じゃないか、個人のテクニックや家庭環境にかなり左右されます
お年寄りや小さな子供にはハードルが高い

そこでもし、どんな人にも公平に、効果的に、安く
特別な器具や技術を使う事なく、むし歯予防できる夢のような方法があったらいいでしょ

さてそこで、今日お話ししたいむし歯予防の方法…それがフッ素洗口です
「せんこう」あまり聞き慣れないかもしれませんが、口を洗うと書きます
何だか難しそうですが、簡単にいうと、フッ素でブクブクうがいをするだけなんです
ですから、小さなお子さんでもできますし、大人数で同時に行うのも容易
早い時期から始めた方がより効果的なので、

幼稚園とか保育園から始めるのがベストなんです
この太田地区でも昨年の4月から、

世良田保育園と笠懸北保育園の2園で試験的に開始しています
安くと言いましたが試算すると一人当たり年間500円くらいです

むし歯予防の効果は、すぐに出てくるものではありませんが
きっと、そこの園児の将来にいい意味で影響が出てくるはずです
もしもリスナーの方で保育園や幼稚園のお子様をお持ちの方がいらっしゃったら
是非とも園の先生や歯科医師に具体的な話を聞いてみて下さい
歯科医師会にお電話いただければ、園に出向いて説明などもさせて戴いてますので…

今までお話しして来たように、100%の予防方法はありません
それはフッ素洗口でも一緒です
ただ、むし歯予防の引き出しは多い方がいいんです
ですから、それぞれを少しずつ組み合わせて、少しでも100%に近づける事が大切

 

このページの先頭へ