電動歯ブラシって、いいの?

太田新田歯科医師会
きむら歯科医院 木村博昭

来院される患者さんから、よく質問されます。
「正しく使えば、すごくいいものだと思います。」といつも答えています。
その理由をお話したいと思います。

歯磨きのポイントは、大きく2つあると思います。
1、汚れているところに歯ブラシの毛先があたっていること
2、その位置で毛先を細かく振動すること

さて、人間の手の動きには限界があり、2番目の「細かく振動すること」が不得意な感じがします。そこで、登場するのが「電動歯ブラシ」です。細かく振動する動きは、人間の手は機械には勝てません。

現在、電動歯ブラシは「音波式電動歯ブラシ」が主流です。1分間のブラシ振動数は、約3万ストロークです。人間の手の場合、1分間に約200ストロークが限界といわれておりますので、音波式電動歯ブラシは「150倍」効率がよいことになります。患者さんからの質問の答えである「正しく使えば、すごくいいものだと思います。」というのは、電動歯ブラシを使っているのですが、ポイントがずれた人が多いのではないでしょうか。その対策として、かかりつけの歯科医院で電動歯ブラシを用いた正しい磨き方を教えてもらうのがよいと思います。理想は、ご自分の手で正しく歯磨きができ、その上で電動歯ブラシに変えるのがよいかと思います。

何かと忙しい現代社会、歯磨きに長時間かけられないのが実状なのかもしれません。電動歯ブラシを正しく使い、「短時間で、効率よく、綺麗に」お口のお手入れをすることは、皆様の生活にプラスになることでしょう。

このページの先頭へ