お口を開けて笑えますか?

~歯科医院でのお口のクリーニング~

太田新田歯科医師会

松本歯科医院

松本 堅志郎 

 

紅茶やコーヒーなどを好む人はどうしても歯の表面に着色が付きやすいものです。歯医者で行うクリーニングではきれいに着色を取ってもらえます。特に歯の表面に細かな傷が多い人は着色しやすい傾向にありますので、定期的にクリーニングを行うと、着色しにくくなり、きれいな状態が持続できます。

歯石は自分で取ることはできません。歯石とは歯に付着した石のように固くなってしまった汚れで、歯周病を進行させてしまう恐ろしいものです。歯石は歯ブラシで落とすことができないので、歯医者で専用の機械を使用して取り除いてもらう必要があります。

歯石は歯ぐきの根本から徐々に歯ぐきの中に入っていきます。歯石が出来たら早めに取り除いてあげるのが理想的です。歯ぐきの中まで付着してしまった歯石は麻酔をして取り除く場合もあります。

むし歯や歯周病の多くは歯と歯の間から始まります。しかし、日本ではまだ歯ブラシだけしか使っていない方が多いようです。歯ブラシでプラークが取れる割合は6割ぐらい、デンタルフロスを使えば8割ぐらいまでプラークを取ることができます。残りは歯医者でのクリーニングです。

クリーニングは1回で終わりますか?という質問をよく受けます。

もちろん1回で終わらせることもできますが、1回では表面の軽い汚れしか取ってあげられないのが現状です。着色や歯石が少ない方や定期的に健診に通っている方でしたら1回でキレイになります。

目安としては1年以内に歯科でクリーニングを行っていれば1回、1~2年ブランクがあれば2、3回、3年以上ブランクがあればそれ以上を目安にして頂ければと思います。極端に少ない回数のクリーニングでは表面的な汚れしか取ってもらえていない可能性があるので注意が必要です。定期的にお口の中を見てもらい、適切な指導を受けましょう。

このページの先頭へ