噛み合わせと様々な不具合について

太田新田歯科医師会

太田アクア歯科クリニック

生方 真人

歯科医院を訪れる理由の中で多いのは、もちろんむし歯や歯周病です。

しかし、「歯がしみる、痛い」といった訴えの原因として噛み合わせの不調があげられることも少なくありません。

「歯がズキズキして眠れない」という患者さんがいらっしゃった時、お口の中を見てもレントゲンを撮っても虫歯になっている様子がないことがあります。そんな時検査をすると、痛みのある場所の歯が他よりも早く強く当たる「早期接触」や夜間に強い歯ぎしりをしていることがあります。そんな時は、噛み合わせを少し調整したり、マウスピースなどを作って使用していただくと少しずつ症状が落ち着いていきます。

噛み合わせの不調の結果として、「顎が痛い」というのは想像しやすいと思います。しかし、「歯が痛い、しみる」ということの原因はムシ歯や歯周病だけではないということも知ってください。特に神経を取る処置をした歯は、噛み合わせの異常があると、歯が折れてしまうこともあります。

不調には多くの場合、原因があります。異変を感じたらかかりつけの歯科医院に行きましょう。

このページの先頭へ