学校歯科検診後の治療について

4月になり新学期が始まると、間もなくして学校で歯科健康診断が行われると思います。

歯科健康診断では虫歯や歯肉炎、歯並びの状態、歯磨きの状態の診査を行い、治療が必要なお子さんには学校から歯科の受診を勧める通知が渡されると思いますが、なかには、冬休みや翌年の春休みまで通知とともに疾患をあたためているかたもいらっしゃるのですが、

できるだけ早期に歯科医院を受診されることをお勧めします。

「子供の歯は、将来生えかわるから、特に痛みなどなければ、そのまま放っておいても良い。」と仰る大人の方がいまだにいらっしゃいますが、子供の歯の重要性は大人の歯に勝るものがあり、子供の成長発育や後に生えてくる永久歯や歯並びのために乳歯をきちんと治療しておくことはとても大切なことです。

虫歯に関して言えば、小児の虫歯は大人の虫歯に比べて早く進行しやすく、重症になりやすい傾向があります。

乳歯や生えてきたばかりの幼若な永久歯は、長い時間口腔内でさらされ成熟した永久歯に比べて虫歯になりやすく、虫歯による崩壊が早く進みやすいのです。せっかく、学校健診で早期に麻酔の必要のない小さい状態の虫歯で見つかっても放置しているうちに短期間で大きく深い虫歯なってしまいます。

そのうえ、乳歯では歯の厚みが永久歯の半分ほどしかないため、虫歯が歯の神経に簡単に達しやすく、このように重症になると麻酔なしで治療することが不可能なうえ治療も長期間になり、そのまま放置すると、乳歯の先にある生えてくる前の永久歯にも感染してしまいます。

歯科医院では治療だけではなく、歯ブラシ指導や食習慣などの口腔衛生に関する指導も受けることもできます。

小児のうちから、定期健診と早期治療を心掛け、良い口腔ケア習慣を身に付けることが大切です。

野村歯科クリニック  野村 貴正
0276-57-4182

このページの先頭へ