H28,11.17 乳幼児摂食機能研修会

平成28年11月17日(木)

太田新田歯科医師会 公衆衛生委員会

担当理事 尾内正芳

乳幼児摂食機能研修会

~乳幼児健診における食機能支援のポイント~

群馬県健康福祉部保健予防課

群馬県歯科口腔保健支援センター

歯科医長 石田圭吾 

平日にも関わらず、女医会の先生方を始め多くの先生方にご参加を頂き、群馬県健康福祉部保健予防課歯科医長の石田圭吾先生を講師にお迎えして、太田新田歯科医師会館において研修会を開催致しました。

内容で多くを占めていたのは、乳幼児の摂食・嚥下に関してでした。太田新田歯科医師会でスタートさせようとしているモデル事業である1歳児検診に関して、検診を円滑、かつ参加者を充分に満足・安心させることが出来る内容が盛り込まれておりました。

摂食・嚥下の発育段階に関しては、過去学生時代に学びました。また自身や周囲の人の育児に関わることでも実践しておりましたが、忘れてしまったことが多く、我流に頼ってしまっていた点があることに気付かされました。

摂食・嚥下の流れを再度確認しただけではなく、時期ごとの特徴や注意点を学ぶことが出来ました。一方、必ずしも発達のカスケードに従わないという点の確認も重要と思われました。

乳幼児のみならず、その保護者に対する接し方のポイント、観察の視点も実践をされている石田先生ならではのアドバイスもあり、会場を盛り上げて頂きました。

モデル事業とはいえ、1歳という母子ともに非常にデリケートな時期に検診をすることに不安がありましたが、講演の内容はボリュームがあり不安を払拭することが出来ました。

今回の講演で得た知識は、他の乳児・幼児の検診にも応用することができ、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。

H28,11,17 乳幼児摂食機能研修会

乳幼児摂食機能研修会

 

文責  公衆衛生委員会 生方真人

このページの先頭へ