子どもが歯をぶつけたら

太田新田歯科医師会

まきいこども歯科
院長 牧井 覚万

 

子どもが歯をぶつけたら

歯をぶつけたりしてケガをすることを外傷と呼びます。

歯の外傷で多い部位は上の前歯です 。よちよち歩きでテーブルの角で打った 、走っていて転んで床で打った、友達の頭がぶつかった等。

年齢でみると、圧倒的に多いのは乳幼児期から小学生の子どもたちです。

出血すると、口の中なので血が唾液に交じって、かなり血が出ているように見えて、驚いてしまうことが多いのですが、まずは落ち着いて、どこをぶつけたのか、どこから出血しているのかをよく見ることが大切です。

歯をぶつけたといっても、その状態と対処法はさまざまです 。

  1. 軽度・・・血も止まって歯も見たところ異常なしであれば、経過観察でいいでしょう。
  2. 歯がグラグラしている場合は、歯の固定が必要なこともあります。
    歯がかけたり、歯が折れたり、抜けてしまった場合でも、元に戻せる可能性があります。
    いずれの場合も、なるべく早く歯科医院を受診しましょう。
  3. しかし、ぶつけた時は何でもなくても、数日後に痛みが出たり、1ヶ月くらい経過した後に、歯の色が次第に黒くなってくる場合もあります。その場合、神経の治療が必要になることがあります。そのまま放置すると、痛みが出たり、永久歯に影響を及ぼすこともあります。
    異変を感じたら、放置せずに歯科医院を受診して、ぶつけた経緯を説明しましょう。
    もし歯が抜け落ちてしまっても、場合によっては歯を戻すことが可能です。その場合、抜けた歯を持参して、できるだけ早く受診してください。
  4. まず水道水で歯についた汚れを落とします。落とすといっても、この時、ゴシゴシこすらず、根の部分の組織(歯根膜を)を取らない程度にしておきましょう。
  5. 次に、歯が乾燥しないように水中に保管します。乾燥した状態が長く続くと元に戻せなくなる可能性が高くなるので、湿った状態で保管してください。
    学校の場合は歯牙保存液というものがあればその中にいれてください。ない場合は、新品の水のペットボトルの中に歯をそのまま入れてください。
    ただし転倒した場合、頭などを打っている可能性もあります。まず連れていくのは何科になるのかを冷静になって考えましょう。

歯科領域に外傷があった場合でも、他に症状がある場合は優先しなければならない科もあります。どのようなケースにおいても、気になることがあれば医療機関を受診し、共に経過観察していくことが大切です。月日を経たのちに症状、変化が出てくる可能性も十分にありますので、ぶつけた箇所は、その後も気にかけて、ご家庭でもよく見ていくようにしてください。

 

妊婦と授乳婦の歯科治療について

太田新田歯科医師会

おおた阿部歯科クリニック
院長 阿部 義則

妊婦と授乳婦の歯科治療について

今回は妊婦と授乳婦の歯科治療についてお話したいとおもいます。

日々の診療で妊婦と授乳婦の患者さんが来院する機会は少なくありません。しかも殆どの方がなにかしらの自覚症状を伴って来院することがほとんどです。

妊婦の歯科治療では原則として、全期間、応急処置以外の歯科治療は行わない。

初期:応急処置のみ

中期:通常の歯科治療がほぼ可能。診療時間は短く。妊婦に楽な体位。

後期:応急処置のみ

エックス線撮影に関しては、防護エプロンを着用し腹部を遮蔽しているので胎児への被爆線量はほとんどゼロになるので心配ありません。

局所麻酔薬の通常量の使用では、母体、胎児ともに影響ありません。

薬物療法に関しては、妊娠中の投薬に関する安全性は確立されてないので、強いて使用する場合は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合のみ投与する。しかし、妊娠13週までは極力避けた方がよい。(主要器官が形成される時期で奇形等の異常が生じる可能性が高い。)

授乳婦の歯科治療では、ほとんどの歯科治療は問題ありません。

薬物療法に関しては、授乳婦の母乳中の薬物の乳児への影響が考えられます。

基本的には授乳中の方には投与しないことが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を中止させることが望ましい。(あらかじめ搾乳しておくか、粉ミルク。)

局所麻酔薬の通常量の使用では乳児への影響は問題ありません。

このように妊婦と授乳婦の歯科治療にはいろいろな制約がありますが、細心の注意を払って診療いたしますので安心して受診していただけたらと思います。

このページの先頭へ