その入れ歯本当に咬めていますか?

太田新田歯科医師会

藤平歯科医院

院 長 藤平 哲

その入れ歯本当に咬めていますか?

歯を失ってしまった場合の治療の一つとして、入れ歯を使用することがあります。多くの歯を失った場合は大きな入れ歯になり、すべて無くなってしまえば総入れ歯になります。入れ歯が合っていれば痛みはなく、違和感もほぼなくなり食事の制限もかなり少なくなります。

今回のテーマはここからです。

入れ歯の歯は主にレジンで出来ています。使用していると少しずつ擦り減っていきます。変化が少しずつな為、長年使用していても気が付くことは少ないと思います。

現在使用している入れ歯の歯の形を確認してみてください。もとの歯の形態が崩れていたり、平らになってしまっている場合注意が必要です。その入れ歯は奥歯の上下の接触が失われている場合があります。

ではどうやって食事をしているのでしょうか?歯が擦り減ってしまったため咬みたい位置ではなく、咬める位置を探して顎をずらして咬んでいるのです。

これが後に歯ぐきや顎の関節に悪影響を及ぼします。結果、その癖が長い人ほど新しい入れ歯に違和感があります。理由は今までの入れ歯と新しい入れ歯のかみ合わせの位置が違うからです。新しい入れ歯のかみ合わせは、理想的な位置を基準として作製しますので現在の入れ歯の噛む位置とのズレが大きい人ほど馴染むまでの時間が長くなります。

ですので、現在使用している入れ歯に異常を感じていなくても、時々噛み合わせをチェックして必要があれば調整をしてもらってください。

しかし調整しても完全には噛み合わせの位置をキープし続けることは難しいと思います。私の提案としては何度も調整を繰り返す前に新しい入れ歯を作製し、違和感やあごのズレを最小限に止めることをお勧めします。

歯科金属アレルギー

太田新田歯科医師会

おおばら歯科医院

院長 松本文男

 

歯科金属アレルギー

歯科金属アレルギーは、歯の治療のため装着された金属が原因で起こるアレルギーです。近年増加傾向にあると言われ、対応が急がれていますが、まだ一般的な認知度は低く、また診断、治療に時間や手間がかかる事もあり対応の難しい疾患と言えます。

金属を被せた歯の周囲だけが赤くなったり、白いザラザラができて、痛みや違和感を生じ、それが長期間無くならない場合などはアレルギーの可能性があります。ただし、口の中の症状はほとんど無く、手足など皮膚の発疹を主な症状とする場合も多く、アレルギーを確定するのは容易ではありません。

金属アレルギーが疑われる場合、通常皮膚科などでアレルギー検査を行い、陽性反応(アレルギーあり)が認められた場合に治療を行います。

治療は何よりもまず原因の除去、つまり金属を口の中から外します。仮の修復で一定期間経過観察して、症状の改善が得られれば、新たに金属以外の材料で歯の修復を行います。一般的には樹脂やセラミックが材料として用いられます。従来奥歯を金属以外で治療した場合、保険診療でなく自費診療となる場合が多かったのですが、近年保険でなおせる範囲が増えてきています。

昨年からは大臼歯(上下奥の大きな歯)にも保険で金属を使わない被せものが作れるようになりました。一部に適応できないケースもあり、すべての歯科医院で対応できるわけではありませんが、選択肢が増えたのは朗報と言えるでしょう。

今回金属によって起こる疾患についてお知らせしましたが、金属を用いて歯の治療をすることを否定するものではありません。金属材料は金属であるがゆえの利点が明らかにあります。金属は丈夫で加工性、適合性に優れ、様々な形態を作ることが可能です。金属アレルギーを恐れるがあまり、不必要に金属修復物を除去する必要はありません。正しい診断のもと適材適所で材料を選択することが重要です。歯科金属アレルギーが気になった方は、まず歯科医院で相談してみて下さい。

このページの先頭へ