虫歯・歯周病予防に効果的な歯磨き

日本人の歯磨き回数を調べた調査によると12回以上歯磨きをする人は昭和44年では約2割でしたが平成17年には約7割に増加しました。
しかし虫歯を持つ人の割合は
524歳では減少傾向にあるものの、25歳以降では横ばいなのです。諸外国に比べなぜ一生懸命歯を磨く人が増えたのに虫歯は減らないのでしょうか?
これは、
1990年代半ば頃まではフッ素配合歯磨き剤の割合が他の諸外国に比べて低かったというのが原因といわれています。

現在市販で売られている歯磨き粉のほとんどにはフッ素が入っていますので、毎日の歯磨きでどのように歯磨き粉を使うと効果的な虫歯予防になるのかについてお話します。

フッ素の効果は簡単にいうとフッ素が歯に取り込まれ酸に強い歯を作る、虫歯菌が酸を作るのを抑制するという働きがあります。
このような効果が得られるためにはフッ素濃度と比例します。日本では歯磨き粉に含まれる割合が法律で定められているため十分に効果を期待するには1度の歯磨きで使う量が重要となります。
効果的な量としては
1g以上の使用が推奨されています。2cmほどのはぶらしであれば2/3程度が目安です。歯ブラシをする前はフッ素濃度が薄まらないようにお口をゆすがないこと。歯磨きを始めるときは虫歯になりやすい奥歯から磨くこと。歯磨き後は約10cc位の量でお口の中をリンスするようにうがいしましょう。フッ素が歯の表面に定着して効果を発揮するには約2分の歯磨きが必要です。
長すぎてもフッ素の濃度が薄くなってしまうので丁寧にゆっくり磨きたい人は最後の
2分で歯磨き粉を付けて磨くとよいと思います。できれば歯磨きのあとはフッ素効果を維持するために約2時間は飲食をしないことを勧めます。

この方法は虫歯予防に対するご家庭でできる効果的なフッ素の使用法ですが、歯周病の予防では歯と歯肉の間の部分の歯垢の除去が重要です。これらの部分は歯ブラシが届きにくい場所でもあり、歯ブラシの毛先が歯肉に入り込むように45°くらいに当てること、歯間ブラシ、フロスなども併用し丁寧に時間をかけじっくり磨くことが大切です。

毎日の歯磨きもこんな工夫で虫歯、歯周病予防が上がります。ご家庭でできる虫歯、歯周病予防法の第1歩として皆様も今日から試してみてはいかがでしょうか。

 

喫煙と歯周病「タバコを知ろう!吸う人も吸わない人も!」

幸生歯科医院 山田幸生

歯周病とは歯を支えている歯肉や骨に起こる炎症性の疾患です。
歯肉から出血したり、膿がでたりして、重症になると、歯がぐらぐらになり、やがて抜けてしまいます。基本的には、細菌による感染症です。
しかし、発症や進行には、多くの危険因子が関与しています。例えば糖尿病などの全身疾患、ストレス、歯ぎしり、くいしばりなどの咬合習癖、女性ホルモンの変化、喫煙などです。
これらの中で喫煙が最大の危険因子です。喫煙されている方はニコチンによる血管収縮作用により、歯肉が慢性的な血行不良を起こしています。
そのため、歯肉に酸素や栄養が欠乏します。また、細菌と戦ってくれる白血球が大幅に減少してしまいます。また、炎症があっても出血しにくくなっている場合もあり、気付きにくい傾向にあります。
喫煙者は喫煙未経験者の4倍の確率で歯周病にかかりやすく、本来の歯の寿命が10年短くなり、2倍多く抜けるとも言われています。歯周病の治療は、患者さん自身によるブラッシング、歯科医院での歯垢、歯石の除去により細菌を減らし、噛み合わせのずれがあれば調整を行うなど、マイナスの要素を取り除き、生体が治癒できる環境をつくるのが中心です。
しかし、喫煙されている方の歯肉は血行不良により治癒力が非常に乏しく、薬も効きにくいため、進行を止める事も難しいのです。長い間、喫煙によってダメージを受けた組織は禁煙をしても、元通りにはなりませんが、治癒力は少しずつですが、回復していきます。1日でも早くやめていただくことが大切です。
それが、何よりの治療になるのですから。「タバコが体に悪いのは分かっているんだけど・・・。」と、みなさんおっしゃいます。
しかし、「タバコの煙に含まれている有害物質で何をご存じですか?」とお聞きしても、ほとんどの方は、ニコチンとタールぐらいしか答えられません。
タバコの煙には、4000種類以上の化学物質、200種類以上の有害物質、70種類以上の発癌物質が含まれています。
例えば、ニコチンは致死量30~60㎎の猛毒です。本数にすると約2本分です。小さいお子様なら10~20㎎約0.5本分。ちなみに青酸カリの致死量は200㎎程度です。いかにニコチンが有害であるかわかりますね。
そのほか、一酸化炭素、これは、物が不完全燃焼すると発生する有毒ガスです。練炭自殺は一酸化炭素中毒ですね。ヒ素やナフタレンなどの殺虫剤の成分、和歌山カレー毒物事件でつかわれた毒物もヒ素でしたね。イタイイタイ病のカドミウム、ゴミの焼却で発生すると有名になったダイオキシン、つい先日利根川浄水場で検出されて問題になったホルムアルデヒドなどなど、いずれも猛毒です。
みなさん、ここで一つ、疑問に思いませんか、なぜ、タバコの葉っぱを紙にくるんで火をつけるだけで、そんなに多くの化学物質、有害物質、発癌物質が発生してしまうのか。それは、添加物が大きく関係しています。
タバコには、葉タバコに217種類、巻紙などの材料に133種類、合計で350種類もの添加物が、味や香り付け、乾燥を防ぐため、保存料などの目的で使われています。これらの添加物を含んだ葉タバコや巻紙を蒸し焼きにするため、化学物質が燃焼という化学反応を起こした結果、多くの有害物質が発生してしまうのです。
なお、吸っていないときに、先端から立ちのぼる副流煙は低温で不完全燃焼しているため、より多くの有害性があるのです。
「そんなに悪いものなら、売ってはいけないように法律で決めてくれればいいのに。そしたら止められるのだから。」という意見もよく耳にします。今現在、タバコは国が認めた合法的な嗜好品という位置付けがされています。国はタバコによって、年間1兆3000億円の税収を得ています。
また、日本のタバコ会社の株の半分以上は国が保有しており、その配当金として毎年、約270億円も得ているのが現状です。したがって、今後もタバコの問題が急速に進展することは、期待できないでしょう。「タバコは殺す。だまされるな。」これは、
WHOによる2000年の世界禁煙デーのスローガンです。
日本では年間20万人の方が、タバコ関連疾患で亡くなっています。気付いた人から止めていくしかないのです。日々の暮らしが10年後、20年後の自分をつくります。早めの生活改善が大切だと思います。

有難うございました。

このページの先頭へ