エフエムTARO 2017 放送内容

入れ歯はいつも清潔に!

太田新田歯科医師会

MK歯科クリニック

院 長 増田 康展

入れ歯はいつも清潔に!

 

以前にも入れ歯の取り扱いついてお話しさせて頂きましたが、今回は入れ歯の洗浄についてお話しさせて頂きます。

入れ歯に付着する汚れには、細菌・真菌(カビ)・食べかす・歯垢・タバコのヤニや茶シブなどがあります。入れ歯はとても複雑な形態をしているので、時間をかけて丁寧にブラシでこすらないとなかなか汚れは落ちません。特に部分入れ歯は、金属部分に汚れが付着しやすく、入れ歯の隣の歯の、虫歯や歯周病などの原因となることがあります。また、入れ歯に付着した細菌は、お口の中で義歯性口内炎などを引き起こします。口から呼吸器系へと侵入した細菌は、細菌性肺炎などの原因になり、さらに循環器系へと侵入し、菌血症などを発症する事もあります。からだの健康のためにも入れ歯は清潔に保ちましょう。

入れ歯の洗浄方法

入れ歯の洗浄方法ですが、毎食後にお口の中から入れ歯を外して、入れ歯専用の泡洗浄剤を適量つけます。そしてまんべんなく入れ歯専用のブラシで磨き、よくすすぎます。

そして、目に見えない汚れを入れ歯洗浄剤を使用し、毎日つけおき洗浄して除菌することを心がけましょう。また、天然歯用の歯磨き粉で入れ歯を磨くと歯磨き粉に含まれる研磨剤で、入れ歯にキズがついてしまいます。入れ歯にキズがつくと、細菌が繁殖しやすくなります。入れ歯をキズつけない為にも、天然歯用と入れ歯用の歯磨き粉は使い分けましょう。

入れ歯に長期にわたり蓄積したタバコのヤニや茶渋などは専用ブラシや洗浄剤でもなかなか落ちにくいものです。やすりなどで無理に取ろうとしたり、熱湯で消毒したりすると、入れ歯が破損したり変形する原因にもなります。無理に取ろうとせず、かかりつけの歯科医院できれいにしてもらいましょう。

このページの先頭へ