イメージ画像

歯と口の健康フェア2016

太田新田歯科医師会

尾内歯科医院 尾内正芳

 

太田新田歯科医師会では、「むし歯予防デー6月4日」にちなみ6月5日(日)イオンモール太田2Fイオンホールにて、午前10時から午後5時まで、「歯と口の健康フェア~歯っぴいライフで8020~」と題し、市民の方々への歯科情報の提供、口腔ケアに対する意識の向上をして頂くことを目指したイベントを開催します。

歯と口の健康フェア2016今回のフェアの内容は

  • ミニ市民公開講座

(歯科医師、衛生士、技工士、栄養士、それぞれの専門分野における20分程度の講演)

  • 歯磨き指導 フッソ塗布
  • 位相差顕微鏡(自分の歯垢の中の細菌観察)
  • 歯型採り
  • 血管年齢測定 骨密度測定
  • 歯科相談
  • 血圧測定 栄養相談
  • バルーンアート

歯、歯肉、口の中の疾患は、全身の健康に大きく影響します。この健康フェアを機に、歯と口の状態に関心を持っていただき、日頃の口腔ケア、口腔管理に役立てて頂きたいと思います。小さなお子様からご年配の方々まで元気で楽しく健康ですごせるように、さまざまなイベント、健康情報を準備し企画をしております。ぜひご来場お待ちしております。

またこのフェアは、過日、市内小中学生を対象に応募いただいた歯科保健啓発図画ポスター標語コンクールの優秀作品の展示会を兼ねております。こちらの方もご覧になっていただきたいとおもいます。

「歯と口の健康フェア」は、今回で22回目の開催となります。去年は1500名以上の方々に来ていただきました。今回はぐんまちゃんが応援に駆けつけてくれることにもなっていますので、ゆるキャラファンの方々も含めて沢山の方々のご来場をおまちしております。またご来場の方々には素敵なプレゼントも用意しておりますので、ぜひお立ち寄りください。

市民公開講座の開催案内

第16回市民公開講座 開催報告

日時:平成27年11月14日(土)午後2:00~午後4:00

場所:太田市学習文化センター(太田市飯塚町1549-2)

主催:一般社団法人 太田新田歯科医師会

口の中のがんの怖さ

~手術しますか?それとも予防しますか?~

小雨が降り続く寒い陽気ではありましたが、足元の悪い中多くの市民の方々にお集まりいただき

第16回市民公開講座が開催されました。

今回は、群馬大学大学院医学系研究科顎口腔科学分野教授の横尾 聡 先生を講師としてお招きし、口の中の「がん」をテーマに御講演して頂きました。

口の中にできるがん「口腔がん」は、舌がん、上顎歯肉がん、下顎歯肉がん、頬粘膜歯肉がん(頬の内側の粘膜のがん)、口底がん(下の歯肉と舌の間のがん)、硬口蓋がん(上顎の真ん中の硬いところのがん)の6カ所をいいます。

口腔がんは、直接見ることができるため初期症状を発見しやすいですが、認知度が低く進行するまで放置されやすい病気です。標準治療は手術療法しかないため患者さんにとっては非常に大きな負担がかかります。しかし、早期の段階で適切な治療を行えば、9割は完治が見込める病気です。

口腔がんの年間罹患者数は全国で7,000人程おり、がんの中では頻度は少ないですが、進行した口腔がんの手術においては、顔面が欠損するのでQOL(Quality Of Life)が低くなってしまいます。しかし、血管縫合の技術の進歩によって再建手術を行うことにより、社会的生命の回復が可能になりました。ただし、切除手術と再建手術は同時に行うので手術時間が10時間以上かかることは珍しくありません。

群馬県では、口腔がんを扱っているのが群馬大学だけであり、そのうちの9割を口腔外科、顎顔面外科が扱っています。2013年においては年間121人の患者数があり全国で1位となりました。また、横尾教授が赴任されてから7年が経過し、以来行った200例以上の手術は1例の失敗もないという事でした。

講演では、口腔がんの手術写真を動画で紹介しながら、がんが進行すると顎の骨を削ったり、鼻や顔の皮膚、首のリンパ腺なども切り取る必要があり、「口の中の物をちょっととればいいというものではなく、非常に怖いものだという事を身に付けてほしい」と話されました。

口腔がんは約70%が歯科医院で発見され、全体の約80%が口腔外科で診療されています。また、喫煙や飲酒は発生率を高めることがわかっています。

発がんの前兆をキャッチするために気をつけてほしい3つの口腔粘膜疾患があります。食べ物を口の中に入れた時にしみる口内炎や、板状や斑状に白くなる口腔白板症、主に頬粘膜に見られ白色にレース状になる口腔扁平苔癬です。口内炎の多くは、1,2週間で治りますが、長く続く場合は要注意です。がんは小さいと痛みを感じないことが多く、そのために発見されにくく放置されてしまう病気です。がんが小さい早期の段階なら30分程度の簡単な手術で済み、転移する前の初期の段階で発見する事が治療の負担を大きく減らすことになります。毎日1回は口の中をチェック。日頃から口の中の事に注意して頂くことが早期発見につながります。そのためには、「禁煙節酒」に努めること、口腔がん検診を受診すること、定期的に歯科医院で検診すること。と市民の皆様にわかりやすく、大きな手術にならないよう予防することの大切さを説明され、終演となりました。

 

文責 太田新田歯科医師会 市民公開講座運営委員会

委員長 増田康展

第16回 市民公開講座開催のご案内

口の中のがんの怖さ~手術しますか?それとも予防しますか?

胃がんや乳がんほど数は多くありませんが、口の中にもがんができます。舌がんや歯肉がんなどがそれで、これによって命を落としたり、生還しても口からものを食べるのに苦労する方もいらっしゃいます。

今回の公開講座では口の中のがんを取り上げます。「口の中のがんの怖さ~手術しますか?それとも予防しますか?」と題し、群馬大学大学院医学系研究科顎口腔科学分野教授・横尾聡先生を講師にお迎えし、最先端の治療から予防のために必要な事柄などをわかりやすく解説していただきます。

横尾先生は口腔がん治療のトップランナーとして県内はもとより、国内外でワールドワイドに活躍されており、有意義なお話が聴けることと思います。

命をも奪う口の中のがん。市民の皆様には正しい知識を持ってがんを予防し、明るく健康的な暮らしを送っていただきたいと思っております。この講演がその一助になれば幸いです。

第15回 市民公開講座開催のごあいさつ

第15回市民公開講座開催「むし歯で命を落とすことは無いだろう」誰もがそう考えるに違いありません。しかし、急速に高齢化が進む現代の日本では、糖尿病や高血圧などの基礎疾患を有する患者さんが増え、重篤な歯性感染症を引き起こすこともまれではありません。「たかがむし歯と思っていたら・・」などということにもなりかねません。

全身疾患を持っている患者さんの処置を安全に行うため、私たち太田新田歯科医師会は管内5つの歯科口腔外科を有する病院と緊密な連携をとっています。その中でも地域の基幹病院である太田記念病院の先生方にご協力を頂き「ほんとはこわいお口の病気」と題し、公開講座を開催することといたしました。

親知らずの周囲の炎症や放置してあったむし歯から感染し、重篤な症状の敗血症に至ることもあるそうです。

太田記念病院における救急外来の様子、また歯性感染症の実際とその治療などについて3人の専門家の皆様からわかりやすく解説していただきます。皆様のお口の健康、ひいては全身の健康づくりの一助になれば幸いです。

歯と口の健康フェア~歯っぴいライフで8020~

8月30日(日)イオンモール太田 2F イオンホール

AM10:00~PM5:00

太田新田歯科医師会では毎年「歯と口の健康フェア~歯っぴいライフで8020~」と題し、市民の方々への歯科情報の提供、口腔ケアに対する意識の向上を目指したイベントを開催しております。

例年6月の第一日曜日開催でしたが、今年は変則的に8月の最終日曜日開催となります。

歯、歯肉、その他口の中の疾患は全身の健康に大きく影響することから、小さなお子さんからご年配の方々まで元気で楽しく過ごせるように、様々な役に立つ情報がたくさんあります。

歯と口の健康フェア~歯っぴいライフで8020~

ご来場の皆様にはプレゼントも用意しておりますので、是非お越しください。

 

このページの先頭へ